knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の計画 公開日:2019年9月13日 / 更新日:2020年10月 3日

家を探すなら秋がおすすめ!?秋の土地収穫祭

注文住宅を建てたい。だけど、土地は持ってないから土地から探さないといけない。でも、土地探しってどこに相談したら良いのかな。

まずは、インターネット検索をしてみよう。あ、この土地の価格安いし希望のエリアだし良いな。でも何百万円も現金はすぐに用意できない。

土地だけってローン組めるのかな。そもそも、土地だけ買ってもどこの住宅会社で家を建てたらいいのかな。住宅ローンって土地の分も一緒に組めるのかな。

自分たちの年収で住宅ローンって組めるのかな。今の家賃より高くなったら毎月返済できないしな。

住宅を本気で検討し始めて行動に移そうとしている方はこのような気持ちになったことはありませんか?この記事では家づくりを本気で検討し始めた方に向けて家づくりのポイントをお伝えしていきます。

家さがしを始めるのは秋が良い!?

マイホームを購入された方のきっかけの中で上位にあがってくる理由として、子どもが小学校に入学する、結婚をした、子どもが生まれる。ということが挙げられます。

このマイホームを購入される方のきっかけとして挙げたものは特に多く聞く理由の3つです。これらの理由を持たれている方たちの多くは、新年度(4月)ころから新居に入居して新しい生活を送りたいという時期が明確になっている方もいらっしゃいます。

入居の時期を春(3月〜4月)頃をご希望される方は多くいらっしゃいます。家づくり(特に注文住宅の場合)は土地選び・資金計画・間取りや仕様を決める・家を建てる工事の期間を入れて短くても6ヶ月程度かかります。

入居の時期を春ご希望の場合は、秋(9月〜10月)頃から土地選びをしていかなければ、春の入居には間に合いません。ビアスワークスの家づくりの流れをこちらの記事でもご紹介しているので一度ご覧になってみてください。

こちらの記事でご紹介している流れを簡単にご紹介します。

12ヶ月前〜10ヶ月前:情報収集

10ヶ月〜8ヶ月前:住宅会社を決める

8ヶ月〜6ヶ月前:土地の決定と資金計画

6ヶ月前:ご契約

4ヶ月前:着工

12ヶ月後:お引越し

こちらの流れは、マイホームを購入したいなとおもってからのだいたいのスケジュールです。本気で家づくりをしようとおもって、住宅会社と打ち合わせをしてからであれば約6ヶ月くらいで家が完成して入居することができます。

建築工事はだいたい3〜4ヶ月程度の工期がかかります。建物の大きさや仕様によって変動はします。また、住宅会社の工程の混み具合によってもすぐに着工できる職人がいるかいないかによっても変わってきます。

ビアスワークスでは9月〜10月にご契約していただいたお客様を春頃の時期にお引渡し可能なスケジュールを組むことが可能ですので、一度入居時期の希望のある方はお問い合わせいただければと思います。

春頃の入居は予算が割高になる!?

前述したように、入居の時期として春頃をご希望される方は多くいらっしゃいます。その方たちのリミットとしては土地選びを秋(9月〜10月)ですることをおすすめしています。

ただし、入居の時期が春(3月〜4月)の場合、新生活のシーズンなので引越し業者の費用も高騰している時期です。なので、入居時期(引っ越しのタイミング)をもう少しあとに回せるのであれば、住宅会社に相談して時期を6月頃にずらすという方法もあります。

引っ越し代も安くはありません。場合によってはオフシーズンの2倍の引っ越し費用である場合もあります。少しでも予算を抑えるのであれば引っ越し時期も気にしなければいけません。

入居時期が6月ころだから土地選びを11月頃から開始しても間に合うと思われるかもしれません。北海道の場合は11月頃から雪が降ります。

函館の場合は12月頃から雪がつもりますよね。雪が積もると土地情報を確認に現地へ行っても雪が積もっているので境界がわからなかったり、土地の大きさなどがわからないことがほとんどです。

雪が積もる地域にすんでいる方で土地選びからスタートするかたは遅くても秋(9月〜10月)の間に土地選びを開始することをお勧めしています。

良い土地は待ってくれない

土地選びをするにあたっては、自分でインターネットを使って土地情報を見られる方がほとんどかと思います。自分の住みたいエリア・価格・大きさを気にして検索されますよね。

ただし、その選んだ土地に自分たちの希望の家を建築することができるかどうかは住宅会社に聞いてみないとわからないですよね。

その選んだ土地に建てられる家の大きさが決まっている土地や制限がかかっている土地もあります。また、防火地域や準防火地域という土地もあり、建材を防火仕様にしなければいけないので割高になってしまう場合もあります。

このような建築法規等も一緒に考えていかなければ全体の予算が明確になりずらいので、土地選びも住宅会社の営業スタッフと一緒にすることをお勧めしています。

ビアスワークスには不動産部もあるので、お客様のご希望の土地を一緒に探すことが可能です。お客様のご希望の間取りや外観などを聞いた上で土地探しを一緒にするので、お客様の気になっている土地にご希望の家を建てることができるのかがすぐに判断可能です。

お客様が「あ、この土地良いな。気になるな」と思われる土地は他のお客様も狙っている可能性があります。インターネットで土地情報がいつでも見ることができるので、良い土地はすぐに売れてしまいます。

気になる土地があれば、土地買付(土地を前向きに購入するための予約)を営業スタッフにお願いしてください。土地買付がされていれば一定期間は自分に商談する権利があることになります。

ただし、長くても2週間くらいの間に決定しなければ、他の人に権利を譲らなければいけなくなりますので、しっかりと自分たちの土地選びに優先順位をつけておいて、ある程度の条件が揃えばその土地に決める。というポイントをご夫婦で決めておいてください。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加