knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
b.i.v HOMES(ビブホームズ) 公開日:2019年1月25日 / 更新日:2019年4月 9日

b.i.v HOMES(ビブホームズ)の魅力と特徴

わたしたち、株式会社ビアスワークスが提供している住宅商品の中に「b.i.v HOMES(ビブホームズ)」という商品があります。b.i.v HOMES(ビブホームズ)とはビアスで開発したオリジナル商品です。

わたしたちビアスワークスは"アンティキテ"というショップを展開し、家具やインテリアの販売も行ってきました。現在は柏木町のビアスのオフィスの1階で「アンティキテカフェ」として雑貨を販売しながらカフェを運営しています。

アンティキテを立ち上げた頃は、全国各地やイギリスなどへアンティーク家具の買付けへ出向き、1点もののアンティーク家具を仕入れて販売をしていました。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)という住宅商品は、"インテリアから考える家"として開発した商品です。家に合わせて家具やインテリアを揃えるのではなく、好きな家具やインテリアに合う住宅を提供したいという想いで開発しました。

「こんな家があったらかっこいいな」そんな想いで、好きな家具やインテリアに合う家を年に1〜2組のお客様に提案してきたのが始まりです。

ありがたいことに初期の頃のお客様からのご紹介で、ファンになっていただけるお客様がどんどん増えてきたので、しっかりと商品としてご提案できるようにしたのがb.i.v HOMES(ビブホームズ)です。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)のお客様は、インテリアショップのような生活感を表に出さない暮らしを希望される方が多いです。

また、車が好きな方も多く、ガレージ付きのb.i.v HOMES(ビブホームズ)を建てられる方もいらっしゃいます。

今回はこのようなb.i.v HOMES(ビブホームズ)の家の特徴やお客様の実例をお伝えいたします。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)とはどんな家か

b.i.v HOMES(ビブホームズ)は家の正面(ファサード)に窓が無いのが特徴です。また、白い塗り壁を外壁に使用し、コンクリート壁などを玄関ドアの前に建てることが多いので、正面から見ると白い箱のように見えます。

正面に窓はありませんが、きちんと採光のことは考えた設計になっているので安心してください。

また、内装には古材を使う方が多くいらっしゃいます。リビングの壁一面に古材を貼ったり、階段の踏み板に古材を使ったりもします。古材を使う方はビアスのお客様のなかで2番目に多い仕様なのです。

外観の見た目はシンプルですが、家の中に入ったときに古材(木)の温かみや温もりを感じることができます。その他、階段は鉄骨階段で、先程の古材の踏み板と黒のアイアン手すりの組み合わせなどが家全体の雰囲気をぐっと引き締めます。

前述したとおり、家具やインテリアから考える家ですので、どのような家具やインテリアを新築した際に使うのか。ということを事前にヒアリングさせていただきます。

設計のポイントとしては、例えば「お気に入りのダイニングテーブルを新居で使いたい」という場合は、一般的な設計の際には、ダイニングテーブルの大きさだけを聞き、そのテーブルが配置できるスペースだけを確保した設計をします。

しかし、b.i.v HOMES(ビブホームズ)では、その使用するダイニングテーブルがどのようなテーブルなのか、さらに、そのテーブルに合う照明はどのようなものなのか、ダイニングテーブルのセンターにはペンダントライトが配置されるのか、どのようなチェアを使用するのか、などもヒアリングさせていただきます。

間取りを設計し照明計画などを進める際に、「このような家具を使うのであればこのような設計の方がお客様のイメージにより近づくことができる」という、お客様それぞれに向けた細かいご提案ができるからです。

リビングの壁に大きなアートを飾りたい。ピクチャーレールをつけてインテリアショップのように飾りたい。食器棚など収納はできる限り壁で隠したい。

吹き抜けをつけてシーリングファンをつけたい。土間スペースを設けて海外のように靴を脱がない生活をしたい。暖炉をつけたい。シアタールームをつくりたい。

このようなお客様のご要望を叶える設計をb.i.v HOMES(ビブホームズ)では行っております。

2018年にはb.i.v HOMES J(ビブホームズジェイ)という「和」を表現した住宅も誕生しました。名の通り和室があったり、石を使ったり、照明器具や家具にも「和」を感じることができるテイストの商品をセレクトしました。

「日本人であれば、やはり和室は欲しい」というお客様もいらっしゃいます。ただ、今までのb.i.v HOMES(ビブホームズ)に和室をつくるとちょっと雰囲気が変わって見えてしまう、ということがありました。

それであれば、b.i.v HOMES(ビブホームズ)らしく「b.i.v HOMES(ビブホームズ)+和」を表現した家を作ろう。ということで誕生したのが「b.i.v HOMES J(ビブホームズジェイ)」です。

正直、設計のお打ち合わせやコーディネートはビアスで展開している他の商品よりもお時間がかかります。その分他の商品と比べて価格も高くなってしまいます。

ただし、b.i.v HOMES(ビブホームズ)を建てられるお客様は最初から、b.i.v HOMES(ビブホームズ)を建てたい。b.i.v HOMES(ビブホームズ)でなら理想の暮らしができる。というように指名して来てくださいます。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)という家は、好きな家具やインテリアと一緒に豊かな暮らしが実現できる住宅商品です。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)のお客様の声

実際にb.i.v HOMES(ビブホームズ)で暮らしているY様にインタビューをしてみました。Y様は2013年からb.i.v HOMES(ビブホームズ)で暮らしています。

外観も内装も、人と同じものは絶対にイヤ。床材からドアノブまで徹底的にこだわりました。

ご主人:家に限らず、人と同じというのは絶対にイヤで、そこは譲れませんでした。大手の住宅メーカーもいろいろと見学しましたが、どれも同じに見えてしまって。内装と値段が釣り合わないような気もして。

奥様:ほかのお宅と絶対にかぶらないものを選んだよね。

ご主人:真っ黒な外壁もかっこいいと思っていたんですけど、2013年当時、けっこう流行っていたので、やめました。床材、ドアノブ...とにかく、ほかにはないものを追求した結果、自分たちの理想の家ができました。

引き渡し前のオープンハウスでは、見学に来た方たちから「うちもこういう家にしてほしい」という声が聞かれたみたいですよ。

「家具に合う家」がほしいという希望が、ブランドコンセプトと一致したんです。

ご主人:「家具発想で考える」というコンセプトに共鳴して、最終的にビブホームズに決めました。家具が好きで、賃貸住宅に住んでいた時から、買いそろえていたんです。

このソファとダイニングテーブル、リビングの棚は、もともとあったもの。賃貸の部屋の床にどうしても合わなくて。この家具に合う家を建てると決めていました。

でも、ビブホームズのカタログを見た時は、あまり好みじゃないなあ...と思ったんです。もともとモダンでスタイリッシュなものが好きで、アンティークには興味がなくて。

奥様:アンティークのよさは、青島社長と森山専務におしえられたよね。おふたりは、ホントにセンスがいいんですよ。

ご主人:カーテンとか...詳しくないから、ぜんぶ提案していただきましたよ。住宅メーカーであり、インテリアショップ「アンティキテ」も経営しているというのは、ビアスの強みですよね。

好みに合うアイテムを提案してくれるのは、魅力でした。

こちらのお客様のインタビューページはこちら

b.i.v HOMES(ビブホームズ)のプランや価格について

b.i.v HOMES(ビブホームズ)は基本的にはフルオーダー型の注文住宅になりますので、お客様の好きな家具やインテリア、どのような暮らしをご希望されるのか、ということをまずはじめにヒアリングさせていただきます。その上でお客様に合う設計プランをご提出しております。

価格については参考価格となりますが、2,080万円〜(2019年1月現在)となっています。価格は、ご希望の間取りや仕様によって大きく変わってきますが、実際にご利用いただくお客様で多いのが、建物本体価格で2,200万円〜2,600万円くらいでご建築される方が多いです。

プランや価格についてはぜひ一度、家づくり相談会へお越しいただき資金シミュレーションなどもしてみてください。

家づくり相談会への申込みはこちらでも可能です。

まとめ

b.i.v HOMES(ビブホームズ)実際の施工写真などが掲載されているページはこちらです。マイホームを購入するということは大きな決断ですし、大きな買い物でもあります。

b.i.v HOMES(ビブホームズ)をご検討される方は、本当に家具やインテリアが大好きな方が多いです。また、そのお打ち合わせをさせていただくわたしたちビアスのスタッフも、同じく家具やインテリアが大好きなのです。

お客様と一緒にインテリアを探したり、お引渡しをしてからも「こんな照明売ってたよ」というような会話ができるのも好きなものが同じであるという共通点があるからです。

ホームページでは公開していないb.i.v HOMES(ビブホームズ)の写真などもビアスのオフィスにはあります。実際に建築した他の事例なども見ることができますのでぜひ一度お越し下さい。

私たちの家づくりの考え方は、引き渡しをして終わりの関係ではありません。お引き渡し後も、末永いお付き合いをしていきたいと考えています。

なのでお客様が納得された上で家づくりを進めていきたいと思っております。家づくりをはじめたいけど何から手をつけたらよいかわからない、という方はぜひ気軽にお問いわせをいただければと思います。

下記フォームまたはお電話でお待ちしております。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加