staff blog

スタッフブログ

木工の美しき世界

僕の愛用しているベース、Tobias Basic 4 の画像です。ボディにはメープル材が使われています。メープルはカナダの国旗にデザインされていたり、樹液からメープルシロップをとる落葉高木で、気乾比重は0.70と木材としては比較的重めの材です。サイズがコンパクトな割りにずっしりと重みを感じます。この重さが低音の締まりと関係しているのかもしれません。木目(年輪)に垂直に美しい杢目が出ているフレイム・メープルという希少材でステージの光によってその模様の見え方が変わってくるところが美しい1本。この楽器は大枠はNCルーターで加工するのですが、最後の仕上げは一本一本、職人の手作業。非常に美しく滑らかな仕上がりは正に職人技。木工の世界は奥が深いなあ。
 
ビアスワークスの家も数多くの職人さんの技術の集大成で建てられています。今月もオープンハウスを開催しています。職人技で仕上げられたビアスワークスの家、ぜひ見に来てくださいね。
 
20201211164859-764465b4ade77bb690a414bfcce1e80e7b8c6272.jpg
このブログを書いた人
ほりい