staff blog

スタッフブログ

家づくりのプロになろう

20180901134540-0ff7f3871bc1ec09f6a504609bcfd5d359549784.jpg

ビアスの場合は、注文住宅がメインな部分があり、世界に1軒しかない家ばかりです。
図面と同じ家を見てみたいと言われる事もあるのですが・・・
世界に1つしかありませんので、お見せ出来ないのです(><)と言うと、がっかりされるのですが・・・
"世界に1つ"のワードにお客様がニヤっとするんです。
そのニヤっとしたお顔は忘れられません。

お客様と商談が進み、プラン図から意匠図といわれる図面に変わっていきます。
この頃には、お客様皆さんプロですね。
これまでは家づくりに対して、なんとなく大きな枠組みでお話しをされていたのが、
『この前のオープンハウスのあそこがよかったから取り入れたい』
『街でみかけた、あそこの様にしたらどうかな?』等、
要望が具体的になっていきます。
プロの我々どもも、負けてられませんから、知識を振り絞って応戦します!
インターネットで色々調べる事や見る事が出来る時代になり、すぐ欲しい情報が手に入ります。
プロの我々より詳しい知識をお持ちの方もいらっしゃり、夜な夜な調べたりもしますが、ここでも負けてられません!!
ネットの情報が全て正しいかというと疑問ですし、こちらとしてはメリット・デメリットをお伝えし、お客様にとって何が最適なのかをアドバイスさせていただきます。
足し算だけではなく、引き算するのがプロの仕事だと思います。

地鎮祭・鎮め物式・上棟打合せとお客様には参加して頂くのですが、ここで初めて2Dの世界から3Dの世界になります。
お客様の予想以上の形になってればよいなと思いながら、お客様の『わぁー、すごい』のお声を聞けるのを楽しみにこの日を迎えます。
上棟打合せとなると、職人レベルにお客様がレベルアップをしています。
職人(お客様)とメジャーを出しながら、図面とにらめっこしながらお打合せを重ねていきます。
可能な限りお客様が参加できる家つくりを目指しています。
せっかくの家つくりですから、楽しんでいただきたいんです。
現場にも、顔を出してくれるお客様も多いので、職人さん達ともすっかり打ち解けて、職人さん対職人さん(お客様)の打合せがあったりもします。
もちろん報告があがってきますが、より素敵になる様に打合せをしているみたいです。
ワクワクしながら家つくりをしていただきたいです!!

お引渡しをし、半年後ぐらいでお伺いすると、そこにはその家の本当のプロがいます。
我々は箱を作っているのではなく、お客様の暮らしを作っていると自負していますが、やっぱりその家のプロには敵わないですね。
嬉しくもありちょっと嫉妬もしてしまう感覚を味わいます。

もっともっと素敵なご家族と素敵な家を作っていきたいと思わせていただく毎日です。

このブログを書いた人
すずき