knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の外壁・外観 公開日:2018年9月24日 / 更新日:2019年4月 9日

注文住宅をおしゃれなデザインにするポイント

注文住宅を検討していると、「モデルハウスみたいなおしゃれな家がいいな」「カフェのようなデザインにしたいな」「おしゃれ・デザイン」というキーワードで自分のマイホームを考えることが多いかと思います。

せっかく注文住宅を建てるのに「ダサくてかっこ悪い家」を建てたいと思う方はいないですよね。

ただ、「おしゃれ・デザイン」という言葉の定義が難しいと私たちビアスは考えています。この言葉の意味の根底には「人」が必ずいます。自分の想いを表現したり、形づくるための言葉が「おしゃれ・デザイン」という言葉に集約されているのではないかと考えています。

私たちビアスワークスのホームページをご覧いただくと、最初のトップページに「8つのデザイン」というメッセージを記載しています。

家のデザイン、とは。

「形をデザイン」:家の良さは、見た目に表れます。
内面の美しさは、外見に表れる。
家も同じことではないでしょうか。
住まいとしてのクオリティを追求していけば、
自ずと外から見ても素晴らしい家になっていくと
私たちは考えています。

「インテリアをデザイン」:暮らしは、インテリアがつくる。
人は家の外観を眺めながら暮らすわけではなく、
むしろ家の中を目にして過ごします。
心地よい空間は、インテリアとともにある。
だからこそインテリアを大切に考えたいと思います。

「ライフスタイルをデザイン」:家を人生にフィットさせよう。
この場所で、どんな人生をおくるのか。
あなたの生き方を、家にあわせるのではなく、
家が、あなたの人生に寄り添い、フィットするべきです。

「土地をデザイン」:運命の土地。
土地探しは縁だ、なんて言われます。
その縁をたぐりよせ、あなたにとって
運命の場所を見つけるノウハウが
私たちにはあります。

「お金をデザイン」:建てた後のお金まで。
家を建てることは目的ではなく、
望む人生を送るための手段です。
だから、建てた後のライフプランまで考えることが大切。
専属のファイナンシャルプランナーが、
これからのあなたの暮らしを設計します。

「性能をデザイン」:365日が問う性能。
何気ない一日における、わが家での暮らし。
万が一のことが起こった日における、わが家の暮らし。
家の性能。その真価は、365日問われ続けることになります。
長い人生を任せられるだけの性能が
私たちの家にはあります。

「街をデザイン」:街になる覚悟。
家が建つと、それは街の風景になります。
街の調和を保ち、わたしたちの街を、より魅力あるものにする。
そのためには、ただ建てればいいわけではありません。
この街の風景の一部になることへの責任と覚悟が必要。
そう考えています。

「人をデザイン」:人を、人生を、良いほうへ。
変える時間が待ち遠しくなるような、
自分たちだけの場所をつくる。
それは暮らすことに前向きになる、
ということだと思います。

理想を形にした住まいは、
家族を良い方向に変えていってくれる。
家にはそんな力があると信じています。

それぞれに対してメッセージ(意味)がある言葉を並べています。私たちビアスが考える「デザイン」というのは家の見た目だけではなく、トータルで考えています。

所謂見た目のおしゃれさやデザイン性だけが良くても、それとインテリアが合っていなかったり、自分たちの暮らし方と違っていたり、予算が大幅に違っていたりということがあっては良い家づくりはできないですよね?

ただ、ビアスの家に住まわれているお客様は本当に暮らし方もおしゃれな方が多くいらっしゃいます。4種類の住宅商品b.i.v HOMES」「インターデコハウス」「COZY」「Norm Core Houseを展開しているので、それぞれの商品に似合う方がお問い合わせをいただき、ご建築していただいています。

今回は、そんなビアスワークスのお客様の暮らしをちょっと覗いてみたいと思います。言葉では言い表せない雰囲気に関しては、ぜひ一度お問い合わせをいただき、モデルハウスの見学などをしてみてください。

モデルハウスはこちら

ポイント1:自分だったらどうするかを考える

ポイント1としては、私たちビアスはお客様に間取りやインテリアなどをご提案する際に、「もし自分が住むなら」ということを考えます。

私たちの仕事は住宅を通してお客様の夢にちょっとでも近づくことです。なので、結果は同じになったとしても他のお客様と同じ提案は極力しないようにしています。

住宅業界としては効率を上げるということも考えると、全て仕様も間取りも決めてしまって色だけをお客様に選んでもらうという方が良いのですが、私たちビアスでは、規格住宅であってもきちんとヒアリングをさせていただき、お客様の暮らし方に合った間取りなどをご提案しています。

弊社のインテリアコーディネーターが書いたブログがこちらです。

「自分の家をコーディネートするなら」

私たちはお客様の家をたくさんコーディネートしてきていますが、なかなか自分の家をコーディネートするという機会はありませんし、自分よりお客様のことを考えている時間のほうが多いのです。

そんなときにお客様からかけていただいた一言で改めて考えてみたという記事です。お客様はプロである私たちに自分たちが想像できない部分を提案してもらったり、たくさんの要望を交通整理してもらうことで自分らしいおしゃれなデザインの家が完成します。

たくさんのお客様と接していますので、たくさんの暮らし方を見てきています。なので、お客様の要望を聞いて、お客様に合った提案をさせていただき、ご満足いただけた=おしゃれなデザインだね!と言っていただけることが多くあります。

このように、お客様の住まいをコーディネートする立場のスタッフが様々な目線で考えることができ、お客様の要望をどんどん引き出すことでおしゃれなデザインが生まれていきます。

コーディネーターにどんなことでも想いを伝えられる関係性にいち早くなることが自分たちらしいおしゃれなデザインをつくるポイントです。

ポイント2:インテリアから考える

こちらの記事に間取りを考える際の重要なポイントを記載していますのでこちらの記事も読んでみてください。

私たちが、おしゃれなデザインだなーと思う空間にはインテリアがあります。住宅会社は家という空間をつくりますが、そこに住む人はインテリアや洋服など家の中を飾るものをたくさんもっています。

私たちビアスは、インテリアから住宅をつくるということをご提案しています。例えば自分たちの家を建築するまでは家に合わせた家具を購入しますよね?

その結果、気に入った家具が大きすぎて部屋に入らなかったり家全体の色合いなどのバランスが合わなくなったりという経験はないでしょうか。

新築の注文住宅を建築するということは、好きな家具に合わせた家を作ることが可能になります。ビアスワークスのお客様はインテリアが好きなお客様が多くいらっしゃいます。

好きなインテリアがあって、それを飾れる家をつくる。ということは、家全体をコーディネートすることができるということです。

雑誌に掲載されている住宅や高級ホテル・おしゃれで人気のあるカフェなどは外観・内観・インテリア・そこにいるスタッフのユニフォームなど全てがコーディネートされているため、おしゃれなデザインだなと感じるのです。

高級で有名なメーカーの家具を買っても家全体の雰囲気に合わなかったら浮いてしまって違和感があります。それだとおしゃれだなーという感じには思えないですよね。

「家具が似合う家 Y様 邸」

こちらのオーナー様からのコメントが下記です。

「家具に合う家」がほしいという希望が、ブランドコンセプトと一致したんです。

ご主人:「家具発想で考える」というコンセプトに共鳴して、最終的にビブホームズに決めました。家具が好きで、賃貸住宅に住んでいた時から、買いそろえていたんです。このソファとダイニングテーブル、リビングの棚は、もともとあったもの。賃貸の部屋の床にどうしても合わなくて。この家具に合う家を建てると決めていました。

でも、ビブホームズのカタログを見た時は、あまり好みじゃないなあ...と思ったんです。もともとモダンでスタイリッシュなものが好きで、アンティークには興味がなくて。

奥様:アンティークのよさは、青島社長と森山専務におしえられたよね。おふたりは、ホントにセンスがいいんですよ。

ご主人:カーテンとか...詳しくないから、ぜんぶ提案していただきましたよ。住宅メーカーであり、インテリアショップ「アンティキテ」も経営しているというのは、ビアスワークスの強みですよね。好みに合うアイテムを提案してくれるのは、魅力でした。

このようなコメントをいただけるお客様はこのお客様だけではなくビアスの家で暮らしている多くのお客様からありがたいことに頂いている言葉です。

家全体をコーディネートできているかどうかということがおしゃれなデザインの家をつくるポイントとなります。

おしゃれなデザインの家

ビアスワークスで実際に建築されたお客様の家の写真をいくつかご紹介します。トータルコーディネートがされていますのでとてもおしゃれな家ばかりです。

柔らかな色合いのタイルとアクセントになっているタイル。奥に見えるカーテンの色と床の色が良い感じに合ってますよね。黒いアイアンのカーテンレールがアクセント色になっています。

ちょっとした瓶もすごくおしゃれな雰囲気を演出しますよね。

こちらは小窓のある寝室です。小窓の枠や壁紙、家具のバランスがよいですよね。

こちらは、玄関の写真です。アプローチ部分に置かれたグリーンが映えますよね。

ちょっとしたキッチンの腰壁部分にも小物を置けるスペースがあります。ここのスペースに飾るもので家の雰囲気も変わりますよね。

この柱につける時計はインターデコハウスにお住まいのお客様には大人気の時計です。

この写真は、電気のスイッチです。実は電気のスイッチも沢山の種類があるのをご存知ですか?このスイッチはレトロな雰囲気を演出できますね。

このような男心をくすぐる機械のようなスイッチもあります。

こちらの写真はここに住まわれているお客様が実際にこんなイメージの洗面台を作りたい!とスケッチを持ち込んでくれました。おしゃれだけではなく実用性も兼ね備えています。お客様のイメージを形にするのが私たちの使命だと考えています。

木の温かみと白が家全体のイメージとなっています。バランスがとても良いおうちとなっています。

このようなモザイクタイルも色の配色割合を事前に決めます。

照明の影までもが印象的な家です。このようなデザイン性のある照明をセレクトされるお客様も多くいらっしゃいます。

このように家だけではなく、外構も含めて建築する方もいらっしゃいます。

黒く見える壁も実は特注でつくったものです。古材と黒いアイアンが良い空気感を形成しています。

白いかべと吹き抜けと明るい色のフロアで部屋の明るさと大きさを演出しました。土間がある家。

「和」を感じる演出ももちろん可能です。

このようにビアスではお客様の暮らしに合わせたご提案をしていますので、とても統一されたデザインになります。家全体が統一されたデザインであることがおしゃれなデザインにする最重要ポイントです。

まとめ

私たちビアスワークスがご提案する家は、お客様がどのような暮らしをしたいか。どのような家に憧れを持っているのか。それをどのようにしたら想像以上に叶えることが出来るのか。ということをたくさん考えてご提案しています。

おしゃれなデザインの家をつくることが私たちの目的ではなく、お客様の暮らし方や想いに合った家をご提案することが私たちの仕事です。

インテリアから考えることも大事ですし、提案する私たちの知識や経験ももちろん大事です。それ以上に大事なのがお客様のイメージや暮らし方だと私たちビアスは考えています。

その上でおしゃれなデザインだなと思ってもらえると幸いです。

私たちビアスワークスは家の外観や内観のデザインだけではなく、もちろん土地選びや資金相談にもしっかりお応えします。まずはどのような暮らしをしたいかをお聞かせください。

ご予約いただければいつでも無料でご相談いただけるようになっています。ビアスワークスのオフィスにはカフェスペースも併設しています。お時間のあるときにぜひお越しください。

キッズスペースや駐車スペースをご用意していますので安心してゆっくりとお話できます。

また、下記のお問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です
ご予約いただければいつでも無料でご相談いただけるようになっています。ぜひ一度お越しください。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加