knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の特徴 公開日:2018年11月21日 / 更新日:2018年12月29日

注文住宅を検討する際によくある質問Q&A

注文住宅を検討し始めると様々な疑問が生まれてきますよね。その際皆様はどのように解決していったら良いかわかりますか?

例えばインターネットで調べてみる。ということが手軽なのではないでしょうか。ただ、インターネットに記載されていることが本当かどうかということはわからないですよね。

住宅系のポータルサイト(SUUMOやHOMESやat home)などに書かれているコラムは正確性が高いと思います。

ただ、誰が書いているかわからないようなブログ記事などは正確性に欠けてしまいます。

私たちのように住宅会社が書いている記事であれば、普段お客様にお伝えしている内容なので正確性は高いと言えます。

過去にお伝えしている内容も一部含まれますが、よく私たちがお客様からいただく質問をQ&A形式でまとめてお伝えいたします。

注文住宅の費用

Q:家づくりにかかる総費用が知りたい

A:住宅を購入するときにかかる費用は大きく分けて3種類あります。「土地」「建物」「諸費用」の3種類です。下記の図のように総予算を分配していきます。

Q:本体工事費と付帯工事費って何?

A:「本体工事費」とは基礎・屋根・外壁・建具・内装など建物本体をつくる工事に関わる費用のことです。また、「付帯工事費」とは建物本体(本体工事費)以外の全ての工事にかかる費用のことをいいます。

下記の図のように本体工事費は総費用の7〜8割程度となります。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:見積書をもらったときのチェックポイントはあるの?

A:あります。見積書は各会社によってフォーマットや項目がバラバラです。A社には記載があるがB社には記載がないという項目もあります。このような場合は、しつこく営業担当者に項目や内訳を聞くことがポイントです。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:予算を超えてしまった場合どうしたら良いのですか?

A:打ち合わせを進めていくと予算を超えてしまうケースもあります。その場合は、「(1)予算を上げる」 「(2)一部の希望について仕様グレードを下げる」 「(3)一部の希望について諦める」というようなことを検討してください。

土地を変更したり間取りを小さくしたりするお客様が多いですかね。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:坪単価が安い会社がお得ですよね?

A:坪単価とは家を建てる時の費用の目安となる金額を算出する根拠となるものですが、実際に坪単価の定義は存在しません。

なので、坪単価の中に何が含まれているかが重要にです。最初はすごく安く見せかけてあとからたくさん費用がかかってしまう。というケースもあるので注意が必要です。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:実際いくらくらいで家が建つの?

A:よく質問される内容です。ただ、建物の仕様や大きさなどによって金額は変動しますので◯◯円です。とは言い切れません。

ただ、ビアスで取り扱っているCOZYという商品の場合、25坪3LDKの家で本体工事・付帯工事・諸費用を入れて約2,000万円くらいです。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:標準仕様とオプション仕様ってあるけど結局オプション費用をかけなきゃいけないの?

A:そんなことはありません。標準仕様内でも快適な注文住宅を建てることはできます。オプション仕様とはあくまでもグレードアップ仕様です。

追加で費用がかかりますので、費用がいくら追加になるのかをしっかりと把握する必要があります。また、住宅会社によってはオススメのオプション仕様などもありますので是非聞いてみてください。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:消費税が8%から10%になる前に家を建てたほうがいいの?

A:消費税が8%から10%に引き上げになるということは、家計の負担が増えるということになります。もちろん、8%の時に建てるほうがお得です。しかし、住宅を購入する際のタイミングがこの消費税引き上げのタイミングが正解かというと必ずしもそうではありません。

お客様にとって一番良いタイミングを検討する必要があります。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:家を建てたら税金ってどうなるの?

A:家を建てる前と建てたあとでかかる税金があります。建てる前は「印紙税」が主にかかってきます。建てたあとは「不動産取得税」や「固定資産税」などがかかってきます。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:住宅ローン控除(減税)って何?

A:住宅ローン減税制度とは、住宅を取得する際に住宅ローンを使用する方が大半ですが、金利負担の軽減を図るためにつくられた制度です。住宅取得から10年間毎年末の住宅ローン残高、または住宅の取得対価のうち少ない方の金額の1%が所得税から控除されます。

こちらの記事も参考にしてください。

土地について

Q:土地って待ってたら良い土地って出てくるの?

A:出てこないと思ったほうが良いでしょう。一般的に良い土地というのは不動産会社から住宅会社に情報が流れてすぐに買い手がつきます。インターネットにも情報が掲載されるので24時間365日情報を見ることができるので、80%くらい良いなと思ったら問い合わせをすることをおすすめします。

Q:南向きの土地じゃないと日当たり悪いんですよね?

A:一概にそうとも言えません。南向きの土地でもどのような形状になっているかなども重要ですし、近隣の住宅がどのくらいの高さなのかも重要です。プランや周辺環境によっては北向きの土地がオススメの場合があります。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:土地を買う場合は不動産屋さんに行けばいいんですよね?

A:そんなことはありません。注文住宅を建てるための土地を購入するのであれば、住宅会社へまずは行ってください。どのような住宅をいくらで建てるのか。それによって土地の価格も変わってきますし、希望の注文住宅がその土地に建築可能かどうかも併せて検討できるのは住宅会社です。

Q:土地の価格交渉ってできるんですか?

A:価格交渉を前提としている場合は、他者からの問い合わせが同時にあった場合はそちらを優先されることが多いですね。売り主さんも早く売りたくて多少の値引きには応じてくれることがあるケースもありますが、本来は難しいことがほとんどです。

Q:土地の相場ってどうやって確認したらいいの?

A:営業担当者に聞いてみるのも一つの手段ですが、函館であれば「函館不動産連合隊」などのポータルサイトで付近の土地の金額を見比べてみるのも良いでしょう。大きさや形状によって価格に違いがあります。

Q:相場より安い土地ってお買い得なんですか?

A:相場より安い土地には安いなりの理由があるので要注意です。旗竿地と呼ばれる形状だったり、傾斜のある土地だったり土地は安いけど家を建てるときに土地を整備するのに費用がかかるケースがほとんどです。住宅会社の営業担当者とよく話し合って決めましょう。

こちらの記事も参考にしてください。

建物について

Q:ビアスではどのような家を建てているのですか?

A:ビアスでは新築注文住宅の商品を4種類販売しています。インターデコハウス・b.i.vHOMES・COZY・Norm Core Houseという商品です。詳しくはこちらをご参照ください。

Q:ビアスの家は高そう・・・

A:建物の大きさや仕様などにもよりますが、13,800,000円〜の商品を揃えております。照明やカーテンの金額を込みで坪単価50万円台〜60万円台が一番人気です。

こちら記事も参考にしてください。

Q:インテリアから考える家ってどのようなことですか?

A:賃貸住宅の場合は、部屋の大きさが決まっているので家具のサイズなども部屋に合わせて購入しますよね。注文住宅を建てる場合は、使いたい家具が決まっているのであればその家具のサイズなどに合わせてプランを考えられます。好きなインテリアに囲まれた生活が可能となります。

Q:オススメのデザインってあるんですか?

A:ビアスでも様々なデザインの注文住宅を建築していますが、やはり流行に左右されないデザインがオススメですね。輸入住宅のような洋風デザインは何年経っても色褪せることがないデザインなのでビアスでも1番人気のある商品です。

こちらの記事も参考にしてください。

Q:間取りを考える上での注意点ってありますか?

A:間取りを考える上での注意点はいくつかあります。ただ、お客様の希望を叶えるのが私たちの仕事ですので気にせずどんどん希望を言っていただければと思います。そのうえで注意したほうが良い部分を私たちがご案内させていただきます。

こちらの記事も参考にしてください。

まとめ

今回は、注文住宅を検討する際によくある質問をQ&A方式でお伝えいたしました。せっかく注文住宅を建築しようとおもったのに、失敗も後悔もしたくないですよね。

私たちも可能な限りお客様の夢を叶えるために努力をしてまいります。今回の記事に書かせていただいた内容はほんの一部です。

お客様にはご納得いただけるまで私たちに質問をしていただければと思います。一つでも不安な部分を残したまま家づくりをしないようにしていただければと思います。

私たちビアスは、このようなお客様の質問にいつでもお応えできるように家づくり無料相談会を開催しております。

最近ではご予約をして訪問されるお客様も増えてまいりました。週末は混雑することも考えられますのでご希望の方は是非ホームページからご予約をオススメいたします。

また、下記のお問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です

ご予約いただければいつでも無料でご相談いただけるようになっています。ぜひ一度お越しください。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加