knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の費用 公開日:2018年7月10日 / 更新日:2018年10月27日

値段別で建てられる注文住宅の種類

注文住宅を建てる際に気になるのは価格ですよね。これまでにもいくつか費用についての記事をお伝えしてきました。 では注文住宅の費用はどのような内訳から成り立っているのかということをお伝えしました。

という記事では土地ありの場合や土地なしの場合の相場についてや建築工法によって費用が異なるということをお伝えしてきました。

という記事では、よく聞く「坪単価」という意味についてのポイントをお伝えしてきました。

これら以外に気になるのは実際どんな建物がいくらくらいで建つのか。ということかと思います。今回は私たちビアスの商品を例に1,000万円台〜・1,500万円台〜・2,000万円台〜という3つの価格帯ではどのような建物が建てられるかということをお伝えしていきます。

今回お伝えする内容は基準となる価格帯ですので、仕様や大きさなどによって実際の建物価格とは違いがありますので詳しくはお問い合わせ下さい。

2,000万円台からの家

空間と家具で作る家b.i.v HOMES

biv.png

ビアスオリジナルブランドの一つである「b.i.v HOMES」は"空間と家具で作る家"というコンセプトの住宅です。窓のない白い外壁とコンクリートの壁が特徴的な外観で、中に入るとこだわりの空間が広がります。

古材を使った壁やお客様こだわりの家具が印象的な家です。外観からは「モダン系」という表現が合うイメージがありますが、中を見るといわゆるモダン系とも思えない空間となっています。

b.i.v HOMES」を建てるお客様は自分たちがどのような暮らしをしたい。という明確なイメージを最初から持っている方が多く、よりヒアリングの段階からイメージを具体化していく作業が多いです。

スイッチプレートなど細かな点にもこだわり、既成品の材料を使わないで一つ一つ丁寧に作ることもあります。また、通常の住宅建築ではなかなか使わないような鉄筋を見せる梁にしたりと随所に私たちとお客様のこだわりのポイントが見え隠れしています。

b.i.v HOMES」という商品はビアスの中でもこだわればこだわるほど金額も高くなってしまうのですが、お客様にご納得いただける内容になっていると思います。

ホームページに記載している価格帯としては、2,080万円〜(2018.7現在)となっております。前述の通り仕様や建物の大きさによって価格は増減しますが、こだわりの仕様とデザインの建物になっているので、自信をもった価格帯の商品だといえます。

b.i.v HOMES」こちらのページに実際にお住まいになっている方のインタビュー記事もあるので併せてお読み下さい。

biv0.jpg

1,500万円台からの家

函館の街並に似合う輸入住宅インターデコハウス

idh.png

ビアスが得意とする住宅の一つである輸入住宅「インターデコハウス」は2000年に誕生した輸入住宅のブランドで、全国で展開しているフランチャイズの商品です。

ホームページに記載している価格帯としては、1,780万円〜(2018.7現在)となっております。インターデコハウスにおいてもb.i.v HOMES同様仕様や間取りの大きさによって価格は変動します。

特に輸入の建築資材などを使うことが多いため、国内品よりも若干割高な部分もあります。しかし全国フランチャイズという点がこの価格の部分を緩和してくれます。なので、他社でインターデコハウスのような輸入住宅を建てるよりは安価で建てられると思います。

異国情緒溢れる外観は函館の街並みにも合うことから政策的にインターデコハウスの街並みを作ったこともあります。実際に海外生活経験のある方が帰国して建てていただいたということもありました。

南欧風デザインや北欧風デザイン・北米風デザインなど10数種類の外観デザインからお好みのテイストを選んでいただきお客様の暮らしにあった間取りを考えていきます。

もちろん外観デザインによってもベースとなる価格帯が変わってきますので、気になる外観がありましたらご連絡をいただけましたらお答えさせていただきます。

タイルキッチンや無垢の床材・塗り壁や屋根材などこだわりの仕様となっています。コーディネーターが1軒ずつ丁寧に打ち合わせをさせていただいていますので、全てのお家がちょっとずつ違いがあって私たちも家づくりをしていて楽しい商品の一つです。

お客様もお家の中にこだわりのポイントが必ずご家族の人数分あるのが特徴かもしれません。かわいいだけではなくどこかかっこよかったり、他ではなかなかないデザインの住宅商品です。

idh0.jpg

究極のノーマル、至高のシンプルNormCoreHouse

nch.png

満を持して2018年に発表したビアスが考える「究極のノーマル、至高のシンプル」を形にした「Norm Core House」ですが、こちらの商品は「b.i.v HOMES」や「インターデコハウス」とは違って、予め用意されたパーツ同士を組み合わせて完成させる住宅です。

価格帯は、1,590万円〜(2018.7現在)としています。プロトタイプと呼ばれる間取りとカスタムパーツ(車庫や離れなど)を組み合わせていきますので予め価格も決まっています。

土地に合わせた軽微な変更は可能ですが、基本的にはパーツ同士を組み合わせていくスタイルの商品となります。コンセプトにあるように限りなくシンプルにしているので、可能な限り壁と扉を取り払ったデザインになっています。

住宅を検討している全ての方が好む家ではないかもしれませんが、暮らしをとことん楽しみたい方にはピッタリの商品ではないでしょうか。

例えば夏にはウッドデッキでバーベキューをしたいからバーベキュースペースを中心に考える。ロードバイクを飾ったり整備できるスペースに土間が欲しいなど、暮らし方や趣味を中心に考えた家づくりをする方にぴったりな商品かと思います。

nch0.jpg

1,000万円台からの家

自分サイズがちょうどいい家COZY

cozy.png

こちらの商品は「インターデコハウス」同様全国で展開しているフランチャイズの商品で、北海道ではTVCMなどでもおなじみの商品となっています。

自分サイズでちょうどいい家づくりをしたい方にぴったりな商品です。こちらの商品はビアスがオススメするプランの中から気に入ったプランを選んでもらうスタイルになります。

価格帯も1,380万円〜(2018.7現在)となっており、ビアスの商品の中では一番安価な商品です。しかし、ただ価格が安いだけではありません。「b.i.v HOMES」や「インターデコハウス」・「Norm Core House」というデザイン性の高い住宅を得意としているので、外観の外壁材の貼り分け方や色の使い方、予算の範囲内でのこだわったインテリアコーディネートなど他の商品と比べても引けを取らない内容になっています。

様々な住宅を手がけてきたビアスが考え抜いてセレクトしたプランの中から選んでもらうのですが、デザイン性・コスト性が一番良いと考えるプランとなっていますので、一度プラン集なども手にとって見ていただければと思います。

cozy0.jpg

まとめ

私たちビアスは、1,000万円・1,500万円・2,000万円という3つの価格帯の住宅商品を展開しています。それぞれ商品のデザインやコンセプトという特徴は違いますが、ビアスという会社が考えて建てる家ということにかわりはありません。

価格帯から自分たちに合う家はこれかな?と考えるのではなく、まずは自分たちがどのような家に住みたいか。どのような暮らしをしたいか。から考えてみて下さい。

お客様の考える暮らしを聞いた上でご提案できるプランが必ずあります。まだ、漠然とどのような暮らし方をしたいか。どのような家が欲しいかわからないけど、自分たちがどのようにしたら家を建てることができるのか聞いてみたい。

というかたはまずはCOZYの説明を聞いてみて下さい。家づくりをどのように始めていくかを専門のファイナンシャルプランナーが丁寧にお伝えさせていただきます。詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。a.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加