knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の費用 公開日:2018年6月10日 / 更新日:2018年8月10日

注文住宅のメリットやデメリットから見える理想の家づくり

注文住宅を検討し始めると、新築の注文住宅か、新築の分譲住宅か、中古の住宅を買ってリノベーションもいいな。など立地と費用を考えながら様々な選択肢が生まれてくると思います。

住宅の形は様々ですが、それぞれにメリット・デメリットが存在していて、なおかつどれが良くて悪いということはありません。

築30年以上の建物をリノベーションしておしゃれに暮らしている人もいますし、立地優先で分譲住宅に住んでいる人もいますし、細部までこだわって注文住宅に住んでいる人もいます。

私たち住宅会社は会社ごとに「得意な分野」があるだけで、「暮らし」に関わる仕事であることには変わりはないのです。

AdobeStock_62443007.jpeg

私たちビアスでは、注文住宅はもちろんですが新築の分譲住宅を販売もしてきましたし、リノベーションもやってきましたし、アパート建築や店舗の建築など多岐にわたって「暮らし」に携わってきました。

その中でも私たちビアスが最も得意としているのはお客様ひとりひとりからどのような暮らしをしたいか。という想いを聞かせていただき、それを一つづつカタチにしていく注文住宅です。

函館で20年以上建築をしてきて、一つとして同じ家はないはずです。それぞれのお客様の想いが詰まった家が建っています

今回は、私たちビアスが得意としている分野の注文住宅についてをお伝えしていきます。

注文住宅とは

注文住宅というと、お客様がどのような家で暮らしたいのかを1つずつ聞いていきながらその人オリジナルの家を設計士と一緒に作っていくというのが、従来の注文住宅スタイルでしたが、現在はフルオーダー型の注文住宅とセミオーダー型の注文住宅という形式の2種類があると言えます。

フルオーダー型の注文住宅

従来の注文住宅同様完全オリジナルの住宅のことをいいます。希望の敷地にあった間取り(プラン)をお客様がどのような暮らしをしたいかを聞きながらプロの意見を交えて作っていきます。

床や壁の色はもちろん、建具やキッチンなどすべての材料も一つずつ丁寧に選んでいきます。インターネットや住宅展示場や雑誌などで見たイメージを形にしていくので、完成したときの感動は計り知れないかと思います。

一方で、全てを1から選んでいくので、時間もかかりますし、根気も必要になってきます。時間がかかる分費用も高くなってしまいます。設計士や営業マンの人件費などが高くなってしまう部分と、選んだ材料の価格の分が高くなってしまうのです。

セミオーダー型の注文住宅

ビアスでいうと「インターデコハウス」「b.i.v HOMES」が挙げられます。

予め、外観のデザインや内装のイメージがコーディネートされていますが、間取りに関してはお客様の暮らし方やイメージを丁寧に聞かせていただき、作り上げていきます。

施工事例はこちらです。「インターデコハウス」 「b.i.v HOMES

近年の住宅会社の多くは、セミオーダー型の注文住宅と言えるのかもしれません。予めデザインが決まっているので使用する建材メーカーとも価格の取り決めをしているため、価格を抑えることもできます。

予めデザインが決まっているため、お客様はどのような間取りがいいかを考えて、セレクトされている標準仕様のなかから材料を選ぶというだけで希望の家が完成するのです。

どちらが良いということはないのですが、住宅会社にも得意・不得意があることを知っておいてください。そして、注文住宅にもフルオーダー型とセミオーダー型があることを知っておいてください。

注文住宅のメリット

次に、注文住宅のメリットをお伝えします。注文住宅のメリットといえばやはり自分の好みの家ができるということでしょう。人生の中でも一番大きな買い物と言われる住宅を購入するのですから、マイホームに夢を抱いている方がほとんどではないでしょうか。

メリット1:自由度が高い

リビングの壁紙は何色にしようかな。床の色はどうしようかな。無垢材の床っていいな。外観のイメージはかっこよくしたいな。かわいらしくしたいな。カフェみたいな内装にしたいな。などなど夢は尽きないと思います。

注文住宅だからこそ叶えられることがたくさんあります。ただし予算の範囲内でということは忘れてはいけません。

車が好きな方の場合だと、ガレージ付きの住宅に憧れますよね。ただの車庫という概念ではなく休日にガレージで車の整備をしたり工具をかっこよくディスプレイしたりしたいと思いませんか?

かっこいい住宅を建てたのに、後付のいかにも車庫感がでるよりも住宅と同じ外観のインナーガレージに憧れますよね。

img-02-01.jpg

img-03-01.jpg

このように住宅の一部になっているガレージをつくることができるのも注文住宅ならではの自由度があるからです。

こちらはバイクガレージをつくったお客様の事例です。この写真は入居後間もなく撮影させていただいたのでご主人曰くまだ手付かず・・・とのことでしたが、世田谷ベースのようなガレージを目指しているとのことでした。

こちらのお客様のインタビュー記事はこちら
この他にもお酒が大好きなご夫婦の要望で「おうちバー」をつくったお客様もいらっしゃいます。高級なお酒から普段飲むお酒。そしてお酒を飲む場所やシチュエーションまでをお聞かせいただいてつくった住宅です。

お客様のインタビューの一部抜粋

ご主人:ほんとうは、壁一面にボトルを並べて、オーセンティックバーみたいにしたかったんです。でも、さすがにそこまではできなくて、ちょっとだけわがままを通して、キッチンにバーシェルフをつくりました。

奥さま:バーシェルと土間スペースは、つくって良かったです。長めにしたキッチンカウンターで一次会、ダイニングで二次会、土間スペースで三次会をしています。な・る・べ・く、週末に飲むように心がけています、な・る・べ・く!(笑)

ご主人:週末は、食べながらビールやハイボールをガンガン飲んで、そのあとは強めのお酒をゆっくり飲んでいます。お酒は何でも好きです。一番はウィスキー。ボウモアが好きすぎて、スコットランドのアイラ島にあるボウモア蒸留所まで行きましたよ。そのときに買ってきたのもバーシェルフに並んでいます。もうちょっとしか残っていないけど...。

奥さま:あそこ(ボウモア蒸留所)に行けたら、もう死んでもいいって言っていたもんね。

ご主人:うん、やっぱりもう一回行くまで死ねない!(笑)
将来的には、土間スペースにスピーカーを置いて、音楽を聴きたいなあ。

奥さま:この家は、自分たちはもちろん気に入っているけど、友人たちからの評判もいいよね。家に興味がなかったのに、「私も建てたい」って言い出した子がいるの。玄関から入って正面に古材が見えるのがいいんだって。やっぱり、見に来てもらえるのはうれしいよね。

このお客様のインタビュー記事はこちら

このように言っていただけるお客様がいらっしゃることは、私たちビアスにとっては本当に嬉しい限りです。これも注文住宅の自由度があるメリットの一つと言えます。

私たちビアスが得意としている注文住宅はインタビュー記事にもある通り、お客様の暮らし方を聞かせていただき、ご提案するという家づくりの方法です。

型にハマりすぎずお客様のイメージを形にしていくことで、「ビアスで建ててよかった」と言われるような家づくりを目指しています。

メリット2:予算を調整できる

注文住宅でたくさんの要望を取り入れて夢のマイホームを計画していて、予算を超えちゃうなーという場面があります。注文住宅のメリットとしては前述したとおり「自由度」がありますが、自由度が高いのでその分予算も調整しやすいのがメリットです。

「要望を取り入れていく=家を着飾る」ということに近いかと思います。おしゃれなアクセサリーを身に纏ったり、お化粧するようなイメージとでも言えるような。

予算を調整するということは全てを諦めるのではなく、要望に優先順位をつけて予算を超えてしまったものに関してはやめてしまうこともできますし、別なもので代用できないかということを検討することもできます。

暮らしのイメージを事前にお聞かせいただいているので、使う材料の質感やイメージは大切にして、コストをできるだけかけないようにビアスが調整することもあります。

予め使う建築材料が決まっていない場合や選べる範囲が広い商品の場合は予算の調整がとてもしやすいですね。稀に古屋を解体したときに出た古材やガラスをそのまま新築に利用することもあります。

ケースバイケースですが、お客様の要望をしっかりと聞かせていただいているから出来る私たちビアスの家づくりといえます。

メリット3:愛着を持てる

ビアスで実際に家を建てた方たちのインタビュー記事をご覧ください。インタビュー記事はこちらから

こちらに掲載している方は一部のお客様ですが、インタビュー記事を改めて読み返すと一緒に家づくりをしてきた期間のことを思い出します。

そして、当時お話いただいていた「暮らし」を実現されている方が多くいらっしゃいます。賃貸に住んでいても、分譲住宅を購入してもどのような住まいで暮らしていても自分の家には愛着があるかと思いますが、注文住宅を自分たちの意見を取り入れて実現した方たちの愛着はきっと想像以上のものがあるのではないかなと思います。

愛着のある家だからこそ、友人を家に招いてパーティを開催したりするオーナー様も多くいらっしゃいます。新しい家具を購入したいんだけどどんなのがいいかな?というような相談を受けることもあります。

お引き渡し後にお庭がすごく手入れされていて驚いたこともあります。

このように家の雰囲気とマッチしたお手入れの行き届いたお庭を見た時は私たちも感動しました。こちらのお家にお住まいのご夫婦は花や音楽やイギリスのアンティーク家具がお好きな方たちで、函館というこの地域にぴったりなお家の一つです。

私たちビアスが携わった家に愛着をもってもらい、長く大切に暮らしていただくことが私たちの願いでもありますし、励みにもなっています。

ここに記載したメリット1〜3は大きな特徴のものです。この他にも自宅兼美容室などの事業を一緒にするための住宅なども注文住宅だからこそできるメリットですよね。

意外とビアスで建築している住宅では自宅兼美容室という住宅も多くありますので実際の事例をお聞きになりたいという方は是非お問い合わせ下さい。

このように住宅に対する夢を叶えることが出来るのは注文住宅です。フルオーダー型でもセミオーダー型でもこの夢を叶えることはできます。もちろん規格住宅でも叶えることはできます。

お客様によってメリットと感じる部分に違いはありますが、自分たちがマイホームを建てよう。と思ったきっかけや想いが叶うことができてなおかつ満足する家づくりができることが重要だと考えています。

注文住宅を検討していく中で家族内でも意見が分かれているケースも多く見受けられます。ご主人はシンプル系が良いが奥様は輸入住宅系が良いなどです。このような場合でも注文住宅だと、設計士がうまく相談に乗ってくれるため自分たちの希望を取り入れた住宅が建築できます。

自分たちの想いを形にしてくれることが注文住宅の一番のメリットかも知れませんね。自分が思っている住宅への「夢」を形にしたい方には注文住宅をおすすめします。

注文住宅のデメリット

一方で、注文住宅のデメリットもあります。デメリットといっても「悪い」ということではありません。前述したとおり、分譲住宅や中古住宅・マンションなど住宅の形は様々です。

上記のメリットでお伝えしたとおり、注文住宅は時間と根気が必要になってきます。その分費用もかかってきますので、住宅購入の総費用から考えると高上がりになってしまいます。

また、立地優先で土地を選んでいる場合、土地も高いし建物も高いとなると総費用が大きくなっていくため、支払い可能額が大丈夫か気になるところですよね。

1から自分たちで考えていき、時間と根気が必要な注文住宅が苦手だなと思った方もいるかと思います。それでも新築の一戸建てを自分が選んだ土地に建てたいなという方に向いているのが規格住宅と呼ばれる住宅です。

例えばビアスでいうと「COZY」や「Norm Core House」が挙げられます。

注文住宅とは違い、予め決まった間取りで決まった材料の中から選択していくという住宅になります。自分たちが希望している土地に建てることが可能な間取りを間取り集の中から選んで、キッチンや建具などの材料も決まった仕様の中から色や形を選んでいきながら作っていく住宅です。

間取りも過去数百組のお客様のご意見の中から、4人家族で4LDKが良いなというお客様はこのような間取りになる傾向がある。というものを事前に間取り集に取り込んでいます。

なので、分譲住宅やマンションを選んでいる感覚で間取りを見て、自分たちが好きな色にしていくことが可能になります。

1から考えるのは苦手だけど、ある程度決まった中から自分たちの希望を考えていきたいという方向けの住宅になります。

まとめ

AdobeStock_156990706.jpeg

注文住宅には、フルオーダー型とセミオーダー型の住宅形式があり、フルオーダー型は全て自分好みに仕上げることが可能な住宅。

セミオーダー型は外観デザインや内装デザインは予めテイストが決まっていて、その中で自分たちの好みの間取りや仕様に仕上げていく住宅。

また、注文住宅にはメリットとデメリットがありますが、良い悪いということではなく注文住宅の特徴をしっかりと把握した上で住宅会社を選んでいただければと思います。

住宅会社にも得意不得意があり、デザインが得意だったり、性能について得意だったり様々です。どのような住宅形式を選んでも間違いではないと思います。

自分たちが住みたい家のイメージを理解してくれて、それをきちんとプロの目線でアドバイスしてくれる住宅会社を選んで、夢のマイホームを手にしてください。

私たちビアスは、フルオーダー型・セミオーダー型・規格型の注文住宅を展開しています。それぞれのコンセプトは違いますが大切にしているのはお客様の大切な住宅を建築するので、丁寧にどのような暮らしをしたいか聞かせていただくところから始めています。

どの商品か迷われている場合は、まず今の家賃並みで建てることが可能な住宅もありますので一度ご相談してみてください。
詳しくはこちらから
a.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加