knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の計画 公開日:2019年4月28日 / 更新日:2019年5月 7日

満足のいくマイホームを手に入れる

マイホームを建ててから後悔している人もいる。というようなインターネットの記事を見たことがありますか?住宅ローンを組んで毎月返済していくので、ネガティブな要素は排除したいけど目にしちゃいますよね。

ネガティブな記事に目がいってしまいがちですが、満足したマイホームを手に入れている方は本当にたくさんいらっしゃいます。

自分たちの理想のマイホームを手に入れて、そこで叶えたかった暮らしができるという喜びは実際に手に入れた方にしかわからないのではないでしょうか。

おそらくマイホームで暮らすようになるまでは、家づくりを検討しはじめてから約1年以上は経っている方が多いと思います。

今回は、満足のいくマイホームを手に入れたお客様の実際の声をご紹介していきます。

満足度の高い生活とは

実際に私たちビアスワークスで建築されたお客様の声をご紹介します。

*商品ブランド:インターデコハウス インタビュー全文が掲載されているページはこちら

「オープンハウスを見すぎて、夢がふくらんで。やりたいことと予算の間で、悩みましたね。」

こちらのお客様は、オープンハウスを見すぎて、やりたいことが増えてしまったとおっしゃっていました。予算には限りがあるのに、やりたいことは多すぎだったので、どこを削るかで悩んだそうです。

最終的には、「それがあるのとないのとでは生活が全く違うよね」という点を基準に、ご夫婦で優先順位をつけて譲れないことを決められたとのことです。

お客様の場合は、それが吹き抜けと畳の部屋でした。引っ越ししてから娘さんが産まれたので、畳の部屋は大活躍しているようです。

*商品ブランド:b.i.v HOMES インタビュー全文が掲載されているページはこちら

こちらのお客様のオーダーは、「カフェのような家。」「随所に感じられる和の趣。」でした。お引き渡し後のインタビューでは「想像をはるかに超える家」と仰っていただきました。

こちらの住宅は、玄関の引き戸の向こうに、2階へと続く階段と琉球畳を敷いた和室があります。大きく取った窓の外には坪庭。ここにもまた、工夫があります。

古来より用いられてきた借景の手法を使っているのです。裏手のお宅の手入れのゆきとどいた庭を風景として借りました。この贅沢な景色は、お風呂からも眺められます。

リビング・キッチンの印象からは、あることさえ想像のつかない和室。希望されたのは奥さまでした。決まった目的はなかったそうですが、どんな部屋としても利用できる和室は、あるだけで絵になり、場を引き締めます。

このようにお客様からいただいた設計テーマをもとに、設計士がお客様の暮らしなどもトータルで考えてご提案させていただくのが注文住宅の良いところです。

時間や費用はかかってしまいますが、世界でたった一つだけのマイホームを建てることができるのはこのようなフルオーダー型の注文住宅の醍醐味です。

お客様からは、オーダーは「カフェのような家」という簡潔なものでした。ウッディな喫茶店のような雰囲気が好みで、和テイストも好き。

ざっくりとした希望を伝えるだけで、あとはプロに任せることにしました。設計士さんのプランを見て「そうきたか!」と驚きました。それは想像をはるかに超えるものでした。

このように簡潔なオーダーから「理想以上のマイホームを建築してくれた」というお声をいただけることは私たち住宅会社にとっては大変光栄な出来ことです。

*商品ブランド:COZY インタビュー全文が掲載されているページはこちら

こちらのお客様は、COZYで二世帯住宅をご建築されました。「早く帰りたい、帰ったら外出したくない。

そう思える、住み心地のいい家です。」と仰っていただいています。

お引き渡し後のインタビューでは以下のようにお話ししてくださいました。

友人の家や住宅メーカーのモデルハウスを見て、寝室やキッチンの動線を考え抜いたので、ストレス知らずで、快適ですよ。

やっと自分の家という実感がわいてきました。前の家に比べて、コンパクトになって暮らしやすい。冬も暖かいです。

私たちは夫婦と息子の3人家族でアパートに暮らしていました。妻の両親の家が持ち家で、52坪で無駄に広かったですね。その家と倉庫を壊して、二世帯住宅にしました。

主人が二世帯にしようと言ってくれたので、私の両親と一緒に住んでいます。孫と一緒にいられて、ばあちゃんが一番よろこんでいますね。

やっぱり二世帯はいいですよ。家に誰かしらいるので、寂しさがありません。じいちゃんとばあちゃんの存在は、ありがたいですね。

住宅の設備や動線などもこだわり抜きましたが、二世帯住宅という暮らしに一番満足をされているお客様の事例です。

満足度を上げる生活設備

生活設備をちょっと整えるだけでも満足度は上がります。

マイホームを検討されているとお客様の多くが現在は賃貸アパートや賃貸マンションにお住まいです。

例えば2LDKの賃貸アパートにお住まいの場合、キッチンスペースは狭く、キッチンのサイズも小さくて収納スペースも足りないですよね。

また、レンジフードの掃除も油汚れがたまってしまうけどなかなか面倒くさくてこまめに掃除をすることはできないですよね。

新築のマイホームの場合は、キッチンスペースはだいたい5帖くらいのスペースを確保します。そのおかげで、大人二人が並んで料理をすることもすれ違うことも可能になります。

また、キッチンのサイズもほとんど標準で横幅が2m50cmという大きさです。調理スペースやシンク部分も広くなりますので、それだけでも賃貸生活と比べると満足度が高くなるとお客様から言われることがあります。

レンジフードは、清掃がしやすく改良された最新のものですので、毎日拭き掃除をすることも簡単にできますので、何ヶ月もためてしまった汚れを掃除するということもなくなります。

お客様がよく驚かれるのがキッチンの収納です。キッチン自体にも大容量の収納が標準でついていますので、賃貸暮らしの調理器具や食器類はキッチン本体の収納でほとんどの方が収納可能となります。

また、キッチンの背面に設置する食器棚は新築時には収納するものがなくて収納スペースが余ってしまうという方もいらっしゃいます。

こちらはキッチンという設備の一例ですが、新築マイホームを手に入れた際には今までの暮らしで困っていた小さなことが解消されますので、大変満足度が向上します。

見た目のデザインだけではなく、生活をする上で今現在困っていることや不便に思っていることを解消できるのも新築でマイホームを建てる一つのメリットといえます。

まとめ

今回は、満足のいくマイホームを手に入れるというテーマで実際に私たちビアスワークスで建築されたお客様の声と、満足度が上がる生活設備の一例をご紹介しました。

私たちビアスワークスのお客様には、ご契約前にどのような暮らしをしたいかをまずたくさんヒアリングさせていただいています。

どのような暮らしをしたいかということは、どのようなデザインの家に住みたいかやどのような住宅設備が欲しいかということだけではなく、なぜマイホームが欲しくて、そこで何をして暮らしたいのか。

というマイホームを建てたいという想いの根底部分をお聞きしています。その想いをデザインなどに反映させるように努力しています。

最初は皆さん、高そうだから見学会に行くのもハードルが高いな。と思われているようですが、できる限りご予算に合わせた住宅をご提案させていただきますのでまずは一度見学会や相談会にお越しいただければと思います。

ビアスワークスでは土地・建物・お金に関する相談ができる家づくりセミナーを開催しています。過去のお客様の住宅ローンの組み方や返済方法なども事例としてお伝えさせていただいています。

不安が残ったままマイホーム計画を進めていくのは嫌ですよね。しっかりと自分たちが納得したマイホーム計画を進められるようにぜひ家づくりセミナーにもご参加いただければと思います。

キッズスペースや駐車スペースをご用意していますので安心してゆっくりとお話できます。

また、下記のお問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です。
ご予約いただければいつでも無料でご相談いただけるようになっています。ぜひ一度お越しください。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加