knowledge

家づくりの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注文住宅の計画 公開日:2019年4月25日 / 更新日:2019年4月28日

理想のマイホームを実現するための"選び方"について

理想のマイホームを購入しようと検討を始めたときに、どの土地を選んだら良いのか・どんなデザインを選んだら良いのか・どの住宅会社を選んだら良いのか。という疑問が出てくると思います。

そんなときは何を基準に選んだら良いのかわからないですよね。既にマイホームを所有している親戚や友人から教えてもらう内容と自分が納得する家づくりというのも多少違いがあるかと思います。

まずはこのようなことを解決していくための情報収集から始めることをおすすめします。マイホーム計画を進めていくためにはしっかりとした情報収集ができていれば、間違いはない家づくりができると思います。

その中でも今回は、土地選び・建物選び・会社選びについてお伝えしていきます。

理想のマイホーム

マイホームが欲しいなと思って自分たちが建てる家はこんな家が良いなというように、理想のマイホームを考えるのって楽しいですよね。

インターネットや雑誌・SNSなどを使って自分たち好みのインテリアや建物を見ているだけで幸せな気分になると思います。

理想のマイホームには「デザイン性」「価格」「性能」などこだわるポイントは人それぞれ違うと思います。もちろん価格も手頃でデザイン性も性能もすべてが良ければ一番良いと思います。

しかし、なかなか自分たちの理想のマイホームのイメージはあるけれど実際にそれが本当に使い勝手が良いのか、などもわからないですよね。

まずは、このような項目をご夫婦でそれぞれ書き出してみることをお勧めします。私たちビアスワークスが考える理想のマイホームは見た目だけではなく、「マイホームを購入してどんな暮らしをしたいか」ということを大切にしています。

いわゆる家づくりの優先順位を初期段階で決めておく必要があります。万が一予算オーバーになってしまった場合に、優先順位が予め決まっていれば、優先順位が低い項目を諦めるということが可能ですよね。

優先順位が決まっていなければ、なんのためにマイホームを購入するのかということがブレてしまい本当に理想のマイホームを購入するということが叶わなくなってしまうかもしれません。

理想のマイホームを購入するということは、自分たちがその家でどんな暮らしをしたいかという想いが明確になっていること。かつ、家づくりの優先順位を予め決めておくということが重要です。

土地の選び方

土地の選び方についても前述している通り、優先順位をご夫婦で決めておく必要があります。

このように、希望のエリアや希望の条件をご夫婦それぞれで書き出してみてください。家づくりについてたくさん話し合いがなされている場合は一致すると思います。

しかし、ご夫婦の意見が一致しないケースももちろんあります。その場合、どちらの希望にも近い土地が出てきたときにどちらを選ぶかという課題にぶつかってしまいます。

その時になってから話し合いを始めてしまっては、せっかく出てきた土地は他の人に買われてなくなってしまうということもあります。

このようなケースの場合はなかなか良い土地にめぐり合わないですね。土地選びを始める前にしっかりと決定できる条件を話し合っておく必要があります。

土地選びについては「注文住宅で重要な土地選びの3つのポイント」でもお伝えしているので併せてお読みください。

土地選びのポイントは以下の3つがあります。

・土地選びはスピードが命

・安くてお得に見える土地には要注意

・南向きの土地が100点とは限らない

インターネット上で公開されている情報は、平日に公開された土地は平日に売れてしまうことがあり、自分たちが見に行こうと思っていた土日には既に売れてなくなってしまっているということもあります。

インターネットに掲載されているということは、土地を探しているユーザーが24時間閲覧することができますので、気になるなと思った土地をすぐ見に行って申し込んだ方に購入する権利があるのです。

なので、予めこの条件に当てはまる土地が出てきたら購入する。ということを決めておくことをおすすめします。

また、相場より価格が安い土地も稀に出てきます。相場より安い土地にはそれなりの理由があるので覚えておいてください。

このような傾斜地であれば、土地を平らにする工事に費用が余計にかかったり道路面からの高低差があり土地を平らにしたり基礎を高くしたりするために費用がかかってしまうケースがあります。

こちらの場合は旗竿地といって、記載されている面積よりも実際に家を建てられる部分が狭かったり、土地の前に電柱があったりする場合などがあります。

こちらは北向きの土地に建物を建てた場合のイラストです。南向きの土地は一般的に良いとされていますが、その分価格も下がりにくいです。

北向きの土地はこちらのイラストにもあるように、南面の日差しはすべてリビングに差し込むことが可能です。さらに、南面に庭などを配置することができますので、プライベートスペースとして人の目を気にすることも少なく良いことが意外と多いのです。

このように土地選びだけでも、知っておいたほうが良いことがたくさんあるのです。しっかりと優先順位を予め検討しておき、理想のマイホームが建つ土地を選べるようにしましょう。

不動産会社や工務店の選び方

理想のマイホームを実現するためには、不動産会社や工務店の選び方も重要ですよね。以前「注文住宅を建てる会社(ハウスメーカー)を選ぶポイント」という記事をご紹介していますので併せて読んでみてください。

まずは、自分たちの理想に近そうな工務店を何社かピックアップします。そして、それぞれの会社の特徴などを比較していきます。

デザイン力が強かったり、性能が強かったりと様々な特徴があると思います。また、地域の工務店と大手ハウスメーカーも比較してみてください。

マイホームを購入した後もずっとお付き合いを続けることができる住宅会社であるかどうかということをしっかりと納得して選ばなければいけません。

価格が安くても、引き渡して終わり。という住宅会社とはお付き合いしたいと思わないですよね。打ち合わせで住宅会社に訪問した際に、他のスタッフが挨拶をきちんとしてくれるか。

電話応対はしっかりとしてくれるか。建築現場はきれいに整頓されているか。などというポイントにその住宅会社の姿勢が現れていますので、注意して見るようにしてみてください。

性能やデザイン・価格ももちろんですが、自分たちがこの人(営業マン)や住宅会社で家を建てたい。と思える会社に巡り会えることができればその住宅会社を選ぶことをおすすめします。

たとえそれが他社より価格がほんの少し高くてもちょっとだけ無理してでもその住宅会社を選ぶことで後悔しない家づくりになるとおもいます。

ビアスワークスの注文住宅について

私たちビアスワークスの家づくりは「注文住宅で家を建てるまでの流れ」という記事でもご紹介していますので併せてお読みください。

お客様の理想のマイホームを建築するために、まずはヒアリングをさせていただいています。お客様とのお付き合いは引き渡してから始まると考えています。

そのため、事前にしっかりとヒアリングをさせていただき、理想の暮らし方などをお聞きかせいただいています。

事前のヒアリング内容から土地はもちろんですが、住宅の外観デザインや間取り、インテリアなどをトータルでご提案させていただいています。

ビアスワークスでは4つの新築住宅商品を展開しています。商品ラインナップはこちら

それぞれタイプの違う住宅商品ですので、気になる方はぜひラインナップを見てみてください。

まとめ

今回は、理想のマイホームを実現するための選び方をお伝えしました。土地・建物・住宅会社をどのように選べばよいのかわからないという方がほとんどかと思います。

さらに、選ぶ基準やポイントは皆様それぞれ違いがありますので、親戚や友人といった身近な人の意見に合わせる必要もないとおもいます。

マイホームを実現させるということは、自分がどのような家でどのような暮らしをしたいかという理想をどれだけ実現できるか。ということだと思います。

まずはちょっと気になる住宅会社がどのような会社なのかを知るために、住宅見学会や相談会へ参加してみてください。

ビアスワークスでは土地・建物・お金に関する相談ができる家づくりセミナーを開催しています。過去のお客様の住宅ローンの組み方や返済方法なども事例としてお伝えさせていただいています。

不安が残ったままマイホーム計画を進めていくのは嫌ですよね。しっかりと自分たちが納得したマイホーム計画を進められるようにぜひ家づくりセミナーにもご参加いただければと思います。

キッズスペースや駐車スペースをご用意していますので安心してゆっくりとお話できます。

また、下記のお問い合わせフォームからご相談いただくことも可能です。
ご予約いただければいつでも無料でご相談いただけるようになっています。ぜひ一度お越しください。

application

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
※パソコンからのメールが届くアドレスをご記入ください。
または@beus.jpから受信できるように設定をお願い致します。
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容
  • このエントリーをはてなブックマークに追加